ホームページ制作会社、サイト制作、その他各種システムの構築、CGI、PHP等のWEBアプリ開発

ホームページ制作・システム構築・DB設計ホームページ制作・システム構築・DB設計
ホームページ制作とWEBシステムの構築、カスタマイズから運用サポートまで。
スペーサー

ドメインの公開連絡窓口とDNS


に関連する記事です。 20111207.jpg先日お客様から深夜に電話をいただいた。
「ムームードメインでドメインを取得しようと思ったんだけど、分からないところがあるから聞いてもいい?」という電話だった。

ムームードメインは弊社でも良く使っているドメイン管理サイトである。
価格も安くとても使いやすいサイトである。
.co.jpのドメインは取り扱いしていないが、その他の属性(ドメイン)であれば、ほぼ取得可能である。
ちなみに.cp.jpのドメインはやはり「お名前.com」が一番安いと思っています。

「ドメインの取得画面で公開連絡窓口っていうのがあるんだけど、これってなに?」というお話だった。
以下説明させていただいた。
ドメインは取得した人の情報が一般に公開されており、だれでもその情報に簡単にアクセスすることができる。
「ドメイン whois」などで検索するとドメインの保持者情報が調査できるサイトが沢山出てくる。

ドメインを取得した個人や企業などが、誰かにwhois検索された場合に自身のメールアドレスや住所を公開したくない場合にかわりに「ムームードメイン」の企業情報を表示するといった仕組みを提供している。
ドメイン管理会社ではほとんどこの「whoisで公開したくない情報の措置」としてドメイン管理会社の情報を表示している。
と説明すると「どっちがいいの?」という質問であった。
「会社が取得したドメインであれば、会社の情報を正確に公開したほうが良いと思います。」という見解をお伝えし、そのとおりの運びとなりました。

また、実際に取得したドメインでサーバを借りようとした場合、サーバ提供者から(だいたい)ふたつのDNS(ディー・エヌ・エスと呼ぶ、ドメインネームサーバの略)というサーバ住所のようなものが提供される。
このふたつのDNSをムームーのドメイン管理画面から設定すると「ある程度の時間をおいて」そのサーバのファイルが表示されるようになる。何故ある程度の時間が必要なのかということについては「DNS 浸透」とかって調べていただければと思います。
このようにDNSを設定することによりはじめて「ドメイン」と「サーバ」が連結されることになるのです。


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
ホームページ制作・システム構築・DB設計
●ユタデザイン
●住所:〒135-0062
東京都江東区東雲2-7-5-3503
ユタデザイン
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+



Valid XHTML 1.0 Transitional スペーサー 正当なCSSです!